[[Common Tips]]

* IMAP [#ocdb91b1]
&counter;
#contents
** 方針 [#u44a1e45]
- 家のメールサーバをqmailでMaildirを使用して運用しているので、ここのMaildirにISPのメールも突っ込んで管理してしまう。
- 以前はqmailでpop3dを動かしていたが、IMAPに変更してここですべてのメールを管理。
- 個人用途なので、複雑な設定のいらないcourier-imapを使用。
- 将来的にSSLで運用する予定(現在は家の中での利用なので暗号化してない)。
** courier IMAP のインストールと設定 [#e47b36d7]
- gentoo では emerge courier-imap で終わり( 面倒なのでこの辺は適当)
- /etc/courier-imap/imap の編集。
-- gentooでは初期設定でMAILDIRPATHが2回定義されていて、あまり通常使用しない設定の方が有効になっている。下記のように変更。
 MAILDIRPATH=Maildir
 MAILDIR=Maildir
- Maildirの作成
-- 各ユーザのホームディレクトリに行き、
 maildirmake Maildir
を実行。

** fetchmail のインストールと設定 [#y4824d53]
- これもgentooでは emerge fetchmail で終わり
- $HOME/.fetchmail に以下のような設定を記述
 defaults
        protocol pop3
        no rewrite
        flush
        fetchall
        mda "/usr/bin/procmail"
 poll hostname user username pass password
-- hostname, username, password を自分のISPのものに変更してください。

** procmail のインストールと設定 [#vbdfd05c]
- これもgentooでは emerge procmail で終わり
- $HOME/.procmail に以下のように記述
 PATH=$HOME/bin:/usr/bin/:/usr/local/bin
 MAILDIR=$HOME/Maildir
 DEFAULT=$MAILDIR
 LOGFILE=$MAILDIR/from
 LOCKFILE=$HOME/.lockmail
 :0
 ./
-- ここで振り分けをしたいときはprocmailのマニュアルを参照して各自設定のこと。私はThunderbirdの振り分けを利用するので特にここでは振り分けません。

** crontab の編集でfetchmail を自動起動 [#rb4fe96d]
-rootになって、
 crontab -u username -e
を実行するとエディタが出てくる。
 0-59/10 * * * * /usr/bin/fetchmail > /dev/null 2>&1
と入力し、セーブするとcrontabに設定が反映される。
-- これは10分おきにfetchmailを実行するようにしている。インターバルを変えたい場合は各自適当に変更してください。

** 設定の確認 [#x784e7a5]
- あとは、設定内容を確認するために上記のISPのメールにテストメールを投げ、
 #fetchmail
を実行。$HOME/Maildir/new にテストメールが入っていれば設定は完了。入っていなかった場合は、fetchmailのエラーメッセージ、$HOME/Maildir/from にあるprocmailのログを見て確認のこと。

** 参考にしたページ [#pacf752e]
- [[Fetchmail + Procmail + Courier-IMAP + PostfixでIMAP環境構築 :http://www.tugumi.net/tips/imap/]]
- [[FetchMailの導入:http://www.aconus.com/~oyaji/mail2/fetchmail.htm]]

トップ 一覧 検索 最終更新 バックアップ   ヘルプ   最終更新のRSS